氣の炭の驚きのお話し

1972年に発掘された中国湖南省の馬王堆積古墳の実話です。

その古墳は調査の結果、約2100年前(当時からで)の墳墓であることが判明しました。そして、そこに一人の貴婦人が埋葬されていました。

その貴婦人がなんと、死後4日経過した状態とほとんど同じであったというのです。

約2100年前に亡くなった方が、ほとんど死後四日の状態で維持されていたのです。

しかも解剖の結果、胃の中には真桑瓜の種が176個あり、それを土に蒔いたところ、完全に発芽したというのです。また、腸内には回虫も生息していたそうです。

どうしてこんなことが起きたのか。その秘密は炭です。古墳の周囲には約五トンの木炭が埋設されていました。炭の持つマイナスイオン効果が細胞を活性化させ、腐敗(腐蝕)の速度を著しく遅らせたのです。

よく木炭(備長炭)を氣の炭といいますが、この事例などは正にその証明といえるのではないでしょうか。

資料請求
関連記事

山崎ブログの最新記事

  • カテゴリー

  • カレンダー

         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
           
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
           
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
           
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
           
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
           
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
           
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
           
  • アーカイブ