高性能遮熱材(シート)と断熱材で快適な家づくりを実現する栃木県那須塩原市の工務店

遮熱シートはどれでも同じ?

(見た目はさほど変わらなくてもこんなところが違います!!)

 

違いその1/アルミ

遮熱シートの表面はアルミで出来ています。しかし、見た目は同じアルミでも、大きく分けて3種類あります。アルミ蒸着、アルミ箔+上部コート、アルミ箔です。

アルミ蒸着はポリエチレン等のフィルムにアルミを吹き付けたような状態で反射率は30%程度です。アルミ箔に樹脂コートを施したものの反射率は40%程度です。

しかし、高純度アルミ箔を表面に加工したものは92.45%程度の前後の反射率が得られます。

 

違いその2/アルミ箔の反射率

アルミの反射率は92.45%(アルミ金属国際基準の認定値)です。ですので、高純度アルミ箔を表面に加工しただけでは、これを超える反射率を得ることは出来ません。

もし、このアルミ反射率を超える数値を謳っている遮熱シートがあれば、その差の根拠を示すことが必要です。もし根拠を説明出来ないようであれば、反射率の数値には大いに疑問が生じます。

私たちが使う高性能遮熱シートの反射率は99%。この極めて高い反射率は、アルミ反射率に独自光沢度(独自光沢度とは純分率と研磨率からなります)を加えることで実現しています。

反射率が1%低くなると熱抵抗値は15%下がってしまいます。ですので99%と92.45%の違いはとても大きなものとなってしまいます。

 

違いその3/耐久性

私たちが使う遮熱シート以外は、エアーキャップ生産マシーンを利用し、接着剤で貼り合せて製造します。

しかし、接着剤は劣化します。せっかく耐久性に優れたアルミを使用しながら耐久性を大幅に縮めてしまっているのです。

私たちが使う遮熱シートは、遮熱シート専用マシーンで接着剤を一切使わずにプラズマ溶着によって複層(7層)構造を実現し、生産しています。

ですので、100年後の再利用も可能なのです。

 

遮熱シートの性能は建物の省エネ性と耐久性に大きく影響を及ぼします。そして、建ててしまってからでは交換出来ません。だからしっかり比べて、確かなものを選択しましょう。

 

ご了解のない電話や訪問は一切していませんので、興味やご質問があれば、お気軽にどうぞ。

 

株式会社相互企画 山崎まで

栃木県那須塩原市南郷屋4-16-1

0287-36-3925

yamazaki@sougokikaku.co.jp

資料請求

山崎ブログの最新記事

  • カテゴリー

  • カレンダー

       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
           
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
           
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
           
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
           
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
           
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
           
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
           
  • アーカイブ